椎間板ヘルニアとは?

ヘルニア・脊柱管狭窄症の患者様の声
椎間板ヘルニアについて

背骨には上から順に頸椎・腰椎・仙椎と名前がついていて、正式には脊椎(せきつい)と呼ばれます。病院で撮る一般的なレントゲンに写っているのは硬い骨の椎体骨(ついたいこつ)で、その間には椎間板(ついかんばん)と呼ばれる軟骨が挟まれています。軟骨といっても全体中を支えている背骨の一部とも言えるわけですから、特に外側の繊維輪(せんいりん)と呼ばれる場所にはそれなりの硬度があります。

脊椎の内側は髄核(ずいかく)と呼ばれ、繊維輪と比べて軟らかめの組織となっています。椎間板の真後ろには脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる脊髄の通り道があり、その両脇には、脊髄から分岐して体幹・四肢(両手両足)へ向かっていく大事な太い神経が走っています。
あるとき、何らかの原因で椎間板の外側にある繊維輪が裂け、中身の髄核(ずいかく)が飛び出してしまうことがあります。その場合、飛び出した方向次第では、脊髄から枝分かれした神経を圧迫してしまいます。この状態を「椎間板ヘルニア」といいます。
椎間板ヘルニアは頚部に見られることなどもありますが、大多数は腰部で発症し「腰椎椎間板ヘルニア」と呼ばれます。

続きを読む

ヘルニアと診断されても8割以上の方が針で治ります。

痛み、しびれ、違和感の多くは鍼治療で治ります。

朝倉鍼灸整骨院の治療はヘルニア症状にとても効果があります。
しびれ、手足違和感や痛みでお困りでしたら、当院の鍼治療を試されることを勧めます。

ヘルニアと診断されても8割以上の方が針で治ります。

なぜ、ヘルニアに対して鍼が良いのか?

鍼治療は、今では大学病院や病院でも使われるほど治療効果の高い治療法です。
特に、頚椎・腰椎間板ヘルニアなどの神経疾患に対して治療効果が非常に高いことがわかっています。

私が以前勤めていた神経内科クリニックでもヘルニアの治療は、神経と筋肉を修復しなければならないため鍼治療を施していました。(注:神経内科とは脳や脊髄、神経、筋肉の病気を見る内科)当院では、その治療法を習得、研究しヘルニアにより効果の高い鍼治療を行っています。
ヘルニアで傷んでいる身体の組織に最適な治療箇所、刺激量で施術を行い神経と筋肉を修復します。そのため、どの治療法よりもヘルニアに対して高い治療効果が得られるのです。

続きを読む

ヘルニアに効かない痛み止め、牽引、マッサージ

整形外科で出されるヘルニアの痛み止めは、麻酔と同じような効果しかありません。「痛みを一時だけ感じないようにする」だけであり、ヘルニアの根本的解決にはなりません。
また、牽引は腰椎の骨と骨の間隔が広がって神経の圧迫が和らぐことはなく、筋肉のストレッチ効果しかありません。ですから、ヘルニアで痛む筋肉には何ら効果がありません。そして、マッサージ、整体などはヘルニアの神経疾患に対して効き目がありません。
マッサージは筋肉のコリを改善する治療法です。ですから、ヘルニアの筋肉の痛みには効果がないのです。また、頚椎・腰椎をゴキッとするような整体は、下手にすると神経を傷つけ症状を悪化させる危険性があります。数多くの事例が報告され、症例も診てきております。
ですから、できるだけこのような治療法を選ばない方がいいでしょう。

続きを読む

頚椎・腰椎間板ヘルニアに対する当院での治療

当院では以下の三点を目標として治療を行っていきます。

  • 目標❶
  • 目標❷
  • 目標❸

痛みにより、筋肉が硬くなり
さらに痛みを助長してしまうので、筋肉の緊張緩和。

椎間板ヘルニアの場合、深部の筋肉(神経に近い筋)が硬くなっている場合があるので、体質によっては長い鍼を用いて深部の筋肉をゆるめ、椎間板への圧力を減らしていきます。

※鍼が怖い方、体質が敏感な方には、無理に長い鍼を使う治療はいたしません。※椎間板ヘルニアのある部分に一般的なマッサージや指圧をすると、押す力で余計に椎間板に負担をかけてしまうことがあり、症状を悪化させてしまうので行いません。

ヘルニアの治療目標1

興奮している神経は、激しい痛み・
しびれを起こすので、興奮している神経の沈静化。

神経の走行に沿ってあらわれる圧痛(ワレーの圧痛点)やヘルニアの発生している脊椎の高位に刺鍼をし、圧迫されて障害を受けている神経の過敏状態の沈静化をはかる。椎間板ヘルニアに対する治療は、興奮している神経の沈静化でも充分症状が和らぎます。

ヘルニアの治療目標2

ヘルニアを除去してくれるマクロファージをヘルニア近くに集める。

神経を圧迫しているヘルニアは免疫細胞であるマクロファージが除去してくれます。マクロファージの本来の働きは、体に入ってきた細菌や異物を除去することです。そのため、鍼治療の際、鍼が体の中に入ってくると、一層マクロファージが集まり、ヘルニアの除去を早めてくれます。ヘルニアによる痛み・しびれを我慢し続けていると、神経そのものの変性が起き、ヘルニアが除去されても痛み・しびれを感じ続けてしまう事があります。

以上のことから椎間板ヘルニアは、上手に痛みのコントロールをしながら自然治癒をより早期に促すには、当院の鍼灸治療は大変効果的です。鍼は無痛で入ることが多く、痛みが発生してもたいしたことはありませんのでご安心ください。

朝倉鍼灸整骨院のヘルニア症状の治療は・・・

原因である神経・筋肉に直接アプローチ出来る、最新鋭の鍼治療です!!

ヘルニア症状の原因は先にご説明した筋肉が原因です。これらの原因筋を緩めて伸び縮みができる様にする方法は直接原因筋に鍼を刺すことです。筋肉に鍼を刺す事で、筋組織内を通過する血管は拡張して、筋組織の弛緩や回復が起こります。これは直接筋肉にアプローチ出来る鍼治療ならではの効果です。
さらに当院でしかできない事が、「ヘルニア症状の原因である神経・全ての筋肉に安全に鍼を刺せる」事です。
他の鍼灸院では浅い筋にしか鍼を届かせることができませんので、マッサージや整体と効果に大きな差はありませんが、当院は違います。
説明したヘルニア症状の原因である神経・筋肉すべてに安全にしっかり鍼を届かせることが出来るのです。
この技術のおかげで、少ない回数、短い期間でヘルニア症状が改善するのです。

鍼灸についてもっと詳しく

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症について1

「脊柱管」とはわかり易く換言すると、人体の背部には背骨があり、この背骨は頭部~腰部まで1本の管となっており、その管の内部に血管、神経が脳から下位方向へずっと続いています。

脊柱管狭窄症について2

その管のいずれかの部位で、外部から内部へと向かって圧迫が起こると、内部にある神経が圧迫され、血流が悪くなり、痛みやシビレが生じるなどの様々な症状を引き起こすのがこの疾患の特長です。

なぜ、ブロック注射や手術ではなく鍼が良いのか?

なぜ鍼が良いのか

ほとんどの脊柱管狭窄症の原因は硬くなった筋肉にあります。
「筋肉を何とかしても、だめでしょう」
と思われるかもしれませんが、違います。

脊柱管の中に入っている神経は、周辺の筋肉に繋がっています。つまり、筋肉を柔軟にすると、それに連動して、脊柱管の中の神経の血流が良くなるのです。さらに骨格を正常に整えることでも、血流は改善します。

脊柱管狭窄症の方は、痛みやシビレをかばうせいで、無理に力んで、筋肉が硬くなって血流が悪くなり、さらに痛みやしびれが増してしまう。また、筋肉の硬直で慢性腰痛の痛みを併発している、という悪循環に陥っている方が非常に多いです。脊柱管狭窄症の方は、施術の際に体を少し触れるだけで、骨格のゆがみと筋肉の硬さが手に取るようにわかります。

そのため、神経圧迫に対するブロック注射や手術ではなく筋肉に対しての施術が必要ということになります。
当院にご来院される患者さんの中で、ブロック注射をしても一時的なものだったとか、手術をしたけれど変わらなかったという方がいるのはこのためです。つまり、硬くなった筋肉をやわらかくするには、筋肉の緊張を取る効果が非常に高い鍼の施術が良いということが言えるのです。

続きを読む

脊柱管狭窄症は主に3種類あり、
頚部脊柱管狭窄症、胸部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症があります。

頚部脊柱管狭窄症(頚椎症)

症状

頚部脊柱管狭窄症(頚椎症)の症状や特長は、肩や首の筋肉が緊張し押すと痛みが生じます。
また、首を後ろに倒すと首の後ろから肩、上肢に放散する重だるさ・痛み・シビレが現れます(放散痛)。慢性的な肩こりの原因が頚椎症に由来している場合もあります。
その他に肩腕の痛み、脱力感、疲労感、手指の感覚異常、冷感、こわばりを感じることがあります。

頚部脊柱管狭窄症の症状
原因

頚部脊柱管狭窄症(頚椎症)は、主に頚椎や椎間板の加齢に伴う老化現象であるため、中高年に多く発症する傾向がありますが、不良姿勢が多い若年層にも発症する場合があります。
症状が急激に現れ進行することはありませんが、頚部の痛みが違和感などの症状から始まり、徐々に上肢や下肢に痛みやしびれといった症状が出ることがあります。

頚部脊柱管狭窄症の原因

鍼灸での治療方法

神経根圧迫症状を引き起こしている頚椎付近の筋肉の緊張や血流循環を改善することで、多くの頚部脊柱管狭窄症(頚椎症)に関連する症状を改善することが可能です。指のしびれや痛みに長期間悩まされている方でも約2〜4回の治療で改善した例も多々あります。
また頚部脊柱管狭窄症(頚椎症)に対する鍼灸の効果は国内外の研究でも多くの場合でその有効性が認められております。病院で牽引やその他、機械治療等を長期間行っても改善効果があまり見られないといった方も是非お早めにご相談ください。

頚部脊柱管狭窄症の治療の様子

胸部脊柱管狭窄症

症状

主に上肢には症状は起こらず、背部~胸部に様々な症状を引き起こします。
典型的なものとして「助間神経痛」があります。

「助間神経痛」について

腰部脊柱管狭窄症

症状

腰部脊柱管狭窄症の症状の特長は、神経が圧迫されることで、狭窄のある部分(腰部)に痛みが出現します。また、下肢の痛み・しびれ・重だるさ・筋萎縮等の症状もみられます。痛み、重だるさ、筋肉が張った感じが主に出現する部位として「膝の裏」「ふくらはぎの外側」「太ももの外側」が挙げられます。(狭窄症と気づかれてない方も多く、ここに症状が感じる方はご相談ください)
また、腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状として、歩いたり立ち続けたりしていると、下肢に痛みやしびれが出て歩けなくなり、暫く休むと症状が無くなるという特長があります。(間欠性跛行といいます)

腰部脊柱管狭窄症の症状
原因

椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎間板の変形、椎体近辺の靭帯の肥厚によるものが挙げられます。そのため、脊椎の中で最も負担のかかる腰部に多く見られます。

鍼灸での治療方法

狭窄のある神経高位の腰部と、神経の狭窄によって障害されている筋肉の鍼とレーザー治療を行っていきます。狭窄の度合いにもよりますが、狭窄が軽い場合は症状がほとんど無くなり非常に楽になります。間欠性跛行がある方も治療を続けていくと段々歩ける距離が伸びていきます。

※最近では西洋医学の立場からも鍼灸の有効性が研究されています。たとえば東京大学医学部附属病院リハビリテーション部の研究では、痛みやしびれを主症状とする神経根型の腰部脊柱管狭窄症では、鍼灸治療を行うと早期に効果が出やすいことが報告されております。また、明治鍼灸大学の整形外科学教室では間欠性跛行が鍼治療で改善される事が報告されており、当院の治療を受けて、初め全く歩けなかった患者様が治療を重ねるにつれて歩ける距離が大きく伸びていき、感動の声を多数頂いております。

腰部脊柱管狭窄症の治療の様子 間欠性跛行が生じるまでの歩行可能距離の経時的変化グラフ

当院は、各メディアや治療院業界でも取り上げられる優良整骨院です!

全国の優良整骨院を紹介する番組で当院が紹介

優良整骨院としてテレビ愛媛さんから
3度インタビューを受けました!!

全国の今注目されているジムを紹介する書籍で当院が紹介

優良スタジオを紹介する全国情報誌NEXTで
当院併設ジムのネスポが紹介されました!

腰痛が治る独自の鍼灸治療を行う治療院として当院が紹介

「腰痛が治る」独自の鍼灸治療
テレビ愛媛さんで紹介されました!

全国の治療家が当院の技術を学びに来ています

当院の施術法は高い効果と持続性を両立できるため、
他院の先生方の要望で大阪にて
定期的にセミナーを主催しています。

他、多数!!

初めての方にオススメ!! 1日3名様限定メニューはじめました! 初めての方にオススメ!! 1日3名様限定メニューはじめました!

症状改善コース

2回セット 2,980円

(通常1回4,000円×2回=8,000円)

or

全身調整コース

2回セット 3,980円

(通常1回6,000円×2回=12,000円)

2回セットにした理由は、当院の施術があなたに合った施術かどうかを、費用を気にせず試していただきたいと考えたからです。1回の施術では効果をはっきり体感できないことがあり、「ここにカラダを任せてみよう」と決断するのは難しいと思います。そこで、是非この限定コースを試して2回の施術であなたのカラダを任せることができるかどうか判断してみてください。

あなたは当院の治療を受ける事ができないかもしれません。

もしあなたが、

  • 痛みが良くなる効果より、その場だけのリラクゼーション的行為を求めている。
  • 自身の健康にはお金をかけたくないので、とにかく安いところを探している。
  • 刺激の少ないやさしいマッサージ等で治してほしい。

このようにお考えでしたら、当院の治療を受けていただく事ができません。
というのは、あなたの求める治療と私たちの提供する治療が違っていた場合、せっかく来院していていただいても時間とお金のムダになってしまうからです。

逆にもしあなたが、ご自分の時間、お金、身体の価値を正しく理解した上で、

  • 治療の知識、技術レベルが低いところは不安だ。
  • 早く身体を治して元通りの生活を送りたい。
  • 本気でこれからの自身の人生、健康を考えている。

このように考えて賢い選択をしていただけるのであれば、

当院はあなたの探し求めていた治療院です。ご予約のお電話をお待ちしております。